カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

必要な有用成分を摂取し、健康サポート。健康な方は健康維持にお役立て下さい。
ご来店頂きまして誠にありがとうございます。当店では、アガリクス(アガリスク)やダイナトーサ糖鎖など厳選した健康食品を取り扱っております。
日本全国送料無料サービス・代引き手数料無料

安心と健康、そして信頼。厳選された一品を提供いたします。 セット割引実施中!まとめてお買上げ頂くと大変お得です! ポイント還元サービス会員登録で1%ポイント還元致します。(次回ご注文よりポイント分値引き)

ダイナトーサ(糖鎖栄養素含有食品)240粒入り

生命のなぞを解く【糖鎖】に世界が注目
 ダイナトーサ

〜糖鎖をつくる糖質栄養素〜
 
ダイナトーサは安全性・高品質の認証(ISO9001、ISO22000および日健栄協の健康補助商品GMP)を取得した信頼性の高い日本国内の健康食品専門工場で生産しています。

ダイナトーサ 糖鎖

 
主要原材料は酵素処理燕窩(えんか)、フコイダン、コロイド水および単体で追加配合しましたN-アセチルグルコサミンです。 
糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は本格的な糖鎖栄養素食品ですので、糖鎖栄養素以外の栄養素、例えばカルシウム、核酸、ビタミンなどは配合せず糖鎖栄養素のみに特化しています。

主原料としてはアマツバメの巣を中核として、モズク、エビ、カニより抽出したN−アセチルグルコサミンおよびコロイド水を使用しています。

従って、糖鎖栄養素の含有量はきわめて多くなっています。 
 
糖鎖についてテレビでも紹介されています。
 
1.酵素処理燕窩
酵素処理燕窩

 インドネシアを中心に特殊な環境に生息するアマツバメ科穴燕の巣により酵素処理した燕窩を使用しています。

成分としてはN-アセチルノイラミン酸(シアル酸)、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルグルコサミン、フコース、ガラクトース、マンノースの6種類の糖鎖栄養素が一定の割合で含まれ、それを全て単糖で抽出しています。人間を含む哺乳類に最も多く分布し、特に脳に分布するN-アセチルノイラミン酸が多く含まれています。
 2.フコイダン
フコイダン
 
沖縄モズク由来のフコイダンを使用しています。成分としては糖鎖栄養素のフコースを抽出しています。
 3.コロイド水
コロイド水
 
国内で8〜10億年前の海底に堆積したモネラ界(原核生物)のラン藻類の土壌が数千年前に、下の岩盤ごと隆起し、現在まで有機物を残したまま半無機化した状態で堆積している土壌を掘り起こしました。

そして約2年間光合成を繰り返し、有機物の成分を抽出して天然水に溶媒した成分を使用しています。成分としてはグルコース、キシロースおよびマンノースの3種類の糖鎖栄養素を単糖で抽出しています。
 4.N-アセチルグルコサミン
N-アセルチルグロコサミン
 
N-アセチルグルコサミンは自然界に広く分布していますが、エビとカニの殻に含まれるキチンから抽出しています。

 
 これら4種類の主要原材料を使用することで8種類の糖鎖栄養素を単糖抽出してダイナトーサは作られています。

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は糖鎖を構成する8種類の糖鎖栄養素を全て「単糖抽出」してから成形していますので腸管からの吸収率は群を抜いています。

8種類の糖鎖栄養素の分子量は小さいキシロースが約150で大きいN−アセチルノイラミン酸(シアル酸)は約309です。

その他の糖鎖栄養素はその範囲内に分布していますので全て低分子の状態になっています。

人間の体内で最も多く分布し特に脳に分布する糖鎖栄養素はN-アセチルノイラミン酸(シアル酸)です。

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は、N-アセチルノイラミン酸(シアル酸)の含有量にこだわり、アマツバメの一番巣より酵素処理した燕窩(えんか)を使用していますのでN-アセチルノイラミン酸(シアル酸)の含有量が多くバランスの良い配合となっております。

糖鎖の異常が起こる前に糖鎖栄養素サプリメントでバランスを整えよう!

◆ 細胞のコミュニケーションツール「糖鎖」とは! 

ブドウ糖やガラクトース、シアル酸といった多様な種類の単糖が、特定の配列で結合して鎖のようにつながった分子の総称です。

DNA、RNAのような核酸、そしてアミノ酸が配列したタンパク質とともに、生 体分子の3大要素の一つとして知られていますがDNAやタンパク質にくらべて多様性をもっています。
糖鎖は細胞の表層やタンパク質の表層を覆っていて、細胞間の情報伝達をするためのアンテナ(受容体)の役割をしています。

「糖鎖」は細胞同士のコミュニケーション、細菌やウイルスなどの異物の認識、ホルモンや酵素の正確な識別に深く関係し、生命活動に欠かせない大切なものです。

難病の多くは「糖鎖」の欠陥が原因だと言われています。


1.糖鎖栄養素「グルコース」

糖鎖栄養素「グルコース」は最もよく知られている単糖で、水によく溶け、色は白く、粉末で甘く、ぶどう糖とも呼ばれています。化学式はC6H12O6で分子量は約180です。グルコースは動物、植物いずれにおいてもエネルギー源の中心に位置する物質です。グルコースはその重合体のグリコーゲンとして肝臓や筋肉に貯蔵され必要に応じてグリコーゲンが再度グルコースに分解されます。ヒトの血液には約0.1%のグルコースが含まれ、それは血糖とも呼ばれています。

血糖の源泉は小腸から消化・吸収されたものと、肝臓のグリコーゲンが分解したものです。血糖は再度肝細胞に回収されてグリコーゲンとして蓄えられるか、他の組織の細胞に吸収されて利用されるかのいずれかです。組織の細胞はグルコースを取り込む場合には通常インスリンが必要となりますが、肝臓は血糖の量を調整するダムのような役割をし肝細胞の膜はインスリンがなくてもグルコースを自由に出入させています。

2.糖鎖栄養素「ガラクトース」

糖鎖栄養素「ガラクトース」は比較的知られている単糖で色は白く粉末で甘く脳糖とも呼ばれていますがグルコースほど水に溶けません。化学式はC6H12O6で分子量は約180です。ガラクトースはグルコースと結合して二糖類の乳糖を作りますが、逆に乳糖からガラクトースとグルコースへの分解は酵素ラクターゼによって加水分解されます。

そこで、ラクターゼを欠いている人は乳糖不耐性になり、乳糖の糖類を栄養素として利用できないことはよく知られています。ガラクトースは乳類の構成成分以外に脳や神経細胞に多く分布する糖鎖などの化合物として存在しています。

3. 糖鎖栄養素「マンノース」

糖鎖栄養素「マンノース」は甘さと苦さの両方があり、カロリー源としてはグルコースより劣りますが、ガラクトースとほぼ同程度の単糖です。化学式はC6H12O6で分子量は約180です。

4. 糖鎖栄養素「フコース」

糖鎖栄養素「フコース」は海藻などのネバネバした成分としても知られるフコイダンで発見され命名された単糖です。化学式はC6H12O5で分子量は約164です。ヒトのABO式血液型ではO型の人の糖鎖は全ての血液型、つまり全ての人(Human)に共通していますのでH型と呼ばれていますが、フコースはそのH型を構成する単糖として存在しています。

5. 糖鎖栄養素「キシロース」

糖鎖栄養素「キシロース」は強い甘みがあり木糖とも呼ばれる単糖です。化学式はC5H10O5で分子量は約150です。キシロースはカエデや桜の木材、わら、トウモロコシ、竹などの外皮に広く分布しています。

6. 糖鎖栄養素「N-アセチルグルコサミン」

糖鎖栄養素「N-アセチルグルコサミン」は潤い成分のヒアルロン酸を構成する単糖です。化学式はC8H15NO6で分子量は約221です。N-アセチルグルコサミンは自然界に広く分布していますが、エビやカニなどの殻に含まれるキチンから抽出されます。

7. 糖鎖栄養素「N-アセチルガラクトサミン」

糖鎖栄養素「N-アセチルガラクトサミン」はヒトでは血液のA型(ABO式血液型)抗原を形成する末端の単糖です。化学式はC8H15NO6で分子量は約221です。N-アセチルガラクトサミンはヒトや動物の感覚神経に集約されています。

8. 糖鎖栄養素「N-アセチルノイラミン酸(シアル酸)」

糖鎖栄養素「N-アセチルノイラミン酸」はヒトを含む哺乳類の複合糖質(糖タンパク質、糖脂質、プロテオグリカン)に最も多く特に脳に分布する単糖です。化学式はC11H19NO9で分子量は約309です。

9. 糖鎖栄養素「グルクロン酸」

糖鎖栄養素「グルクロン酸」はギリシャ語の「甘い」に由来する単糖です。化学式はC6H10O7で分子量は約194です。グルクロン酸はムコ多糖(単糖が100個から10000個結合)の構成成分となったり、ヒアルロン酸などの体内のフェノール性の有害物質と結合して解毒する作用をもっています。

10. 糖鎖栄養素「イズロン酸」

糖鎖栄養素「イズロン酸」はヘパリン、ヘパリン硫酸、コンドロイチン硫酸などのムコ多糖の構成成分として存在する単糖です。化学式はC6H10O7で分子量は約194です。


現代の食環境ではグルコース、ガラクトースは充分に補えますが、残りの8種類の糖質栄養素は不足しています。

糖鎖栄養素が足りないと正常な糖鎖構造が作れません。
本来は、日々の食生活から糖鎖栄養素を摂取するのが望ましいのですが、現代の食環境では8種類全ての糖鎖栄養素をバランスよく摂るのは困難です。

そこで、食事では充分に補えない残り8種類の糖鎖栄養素を補給するために、サプリメントで補う必要があるのです。


 ダイナトーサ


- 糖質栄養素の主原料「燕窩」とは? -



 燕窩とは、アナツバメという種類のツバメのつくる食用の巣です。



「燕窩」は最高の糖鎖栄養素含有食品です。
 ガラクトース  
 マンノース  
 フコース   
 N-アセチルグルコサミン 
 N-アセチルガラクトサミン 
 N-アセチルノイラミン酸 

燕の巣が知られているとすれば、高級中華宮廷料理のスープの食材として知られています。
この燕の巣を漢方薬の分野では「燕窩(えんか)」と呼んでいます。古くから薬用にそして食用として用いられていて、もともとツバメが唾液を固めて作るもので、非常に高価なものとして扱われています。

 人間の細胞は約60兆個あるといわれています。
その全ての細胞の表面に鎖状の毛のようなものが数多く存在しています。
この鎖状の毛のようなものが『糖鎖』です。
糖鎖を構成する重要な素材が8種類の単糖です。
現代の日常の食生活では、この8種類の単糖をすべて摂取することが難しい状況になっています。
糖鎖栄養食品では、糖鎖を作るのに必要な8種類の単糖(糖鎖栄養素)全てをバランスよく含んでおります。



ダイナトーサ(糖鎖栄養素含有食品)240粒入り

メーカー:株式会社アイピー
価格:

12,960円 (税込)

[ポイント還元 388ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品説明

現代の食環境ではグルコース、ガラクトースは充分に補えますが、残りの6種類の糖質栄養素は不足しています。 糖鎖栄養素が足りないと正常な糖鎖構造が作れません。 本来は、日々の食生活から糖鎖栄養素を摂取するのが望ましいのですが、現代の食環境では8種類全ての糖鎖栄養素をバランスよく摂るのは困難です。 そこで、食事では充分に補えない残り6種類の糖鎖栄養素を補給するために、サプリメントで補う必要があるのです。

■ 商品仕様

製品名ダイナトーサ糖鎖栄養素含有食品
メーカー株式会社アイピー

商品名ダイナトーサ
名称糖鎖栄養素食品
お召し上がり方1日8粒を目安にお召し上がり下さい(1日8粒で約1月分です)
原材料麦芽還元糖、デキストリン、難消化性デキストリン、乳糖果糖オリゴ糖、乳糖、植物油、酸素処理燕窩、モズク抽出物(フコイダン含有)、コロイド水、結晶セルロール、N-アセチルグルコサミン(原材料の一部に乳、えび、かにを含む)
内容量43.2g (180mg×240粒)
保存方法直射日光及び高温・多湿を避けて常温で保存してください。
製造元株式会社アイピー
栄養表示※(100g当たり) 日本食品分析センターによる分析結果
エネルギー:409kcal たんぱく質:2.6g 脂質:3.8g 炭水化物:91.1g ナトリウム:56.6mg

ページトップへ